Contact

Copyright © 2017 higashidensi Inc. All rights reserved.

株式会社ヒガシ電子工業

本社

〒920-0266

石川県河北郡内灘町大根布1-379

TEL : 076-286-2795

FAX : 076-286-4570

Please reload

最新記事

中小企業の仲間集め(5)

November 5, 2017

1/5
Please reload

特集記事

中小企業の仲間集め(2)

November 5, 2017

 

新たな試みについて

三木:そういったところで東さんのほうで考えてらっしゃる会社の新しい試みがもしあれば、お聞かせいただきたいです。

東:ちょっと前から、通常の作業とは別に休日に出勤していただいて、改善の事例を発表する勉強会を始めました。

三木:それはご自身のご提案ですか?

東:そうですね。

三木:社員の方の反応はいかがですか?

東:反応は、まだまだやらされてる感がありますけど。

宇都宮:始めたばっかりですもんね。3年ぐらい継続しないと。

三木:あと、zenschoolで考えてらっしゃったオリジナル商品とか、そういうモノを生み出すとかそういったことがあれば。

東:zenschoolで考えた商品は、まだまだこれから煮詰めていかないといけないので(笑)。

宇都宮:言葉にすると実現が近づきますので、例えば「年末には形にするぞ」とか、そういう意気込みを一般にバーンと公開して。梶川さんも最初は半信半疑だったんですよ。

梶川:人に喋れば喋るほど、それがもっと自分事になってきて、最初は「私何かこんなことするらしいです」、みたいな他人事で喋ってたんですけど、そのうち「やります」みたいに変化していきました。

宇都宮:言っていく中で、どこかで自分事になっていく。

梶川:そうそう。最初は私も他人事でした。

三木:もしちょっとしたアイデアでもいいのであれば、言葉に出して。

東:現状の、自社の技術のはんだ付けを使った自社商品を考えて、それをちょっと形にしようかなと。

三木:それは東さんご自身で開発するのか、社員の人と一緒にやっていくのか?

東:まだ社員には言ってないので一人でやって、それを見た社員がちょっと興味を持ってくれたら引きずり込もうかな(笑)。

三木:新しいモノを生み出すってすごいパワーが必要なんですけど、それだけにそのパワーに引きずられる社員も増えていくというか、言葉で何回も言って最終的にモノになっていくと、周りの人の考えが変わってきます。人材採用するために新規事業をするんじゃなくて、たぶん新規事業をした結果、人が増えるという流れが起きる可能性があるんじゃないかと。その辺梶川さんどうですか?

梶川:今は特に増えてないです。

三木:反応はもしかしたら変わってるかもしれない。今募集はかけてますか?

梶川:今は新卒採用の動きはしてますけど、ハローワークとかは全然出してないです。

三木:今出してるのはどこに出してますか?

梶川:新卒採用ですね。来年の卒業生に向けての求人を高校と大学と。

三木:その辺は反応はまだない?

梶川:これからですね。大学のほうは春に何回か出て、特に見学も来なかったので、今回は秋頃まで一回待とうということになりました。高校生は今からです。

三木:今からというのは夏休み明けてから?

梶川:夏休み中くらいに活動するみたいですよ。今企業が求人を出してる時期なんです。

三木:いつぐらいに出されたんですか?

梶川:2、3日前。ほやほやです。今からです。

三木:今までこのミュージアムができる前に募集をかけられた時は、どういう媒体に出してましたか?

梶川:まず基本ハローワークには出してるんですけど、ポリテクセンターで教育された人の卒業に合わせて出したり、人材をちゃんとうちの希望を伝えて探して紹介してくれる会社にもお願いしてます。

三木:今まで採用を出してた時は問い合わせはどれぐらいの数が?

梶川:リーマンショックの翌年は、もうハローワークに出した瞬間に、10人くらいから電話がかかってきましたが、今は出しても人一人電話がかかってきません。たまにうちのホームページを見て問い合わせが来るんですが…

三木:来るんですね。

梶川:たまに来ますね。楽しそうだとかっていうので来るんですけど、実際話して会ったりすると、現状が嫌なので転職を考えてる方がほとんどなので、良く見えるみたいです。良く見えるがために転職を考えるみたいですけど、その場合は、「うちを含めあと3社面接に回って、それでも良かったら来てください」と言ってます。うちが天国と勘違いして来られると、逆に入ってからのギャップがあっても困るので、「もうちょっと色々面接してから来てください」と言います。

三木:どれぐらいの頻度でホームページを見て来られるんですか?

梶川:まだ3人ぐらいです。そういうので連絡があったのは。

三木:効果としては大きい気がします。

梶川:そうですか?

宇都宮:マスメディアとかの影響はどうですか?

梶川:マスメディアはあんまり直接分かんないです。

宇都宮:明日も出るんですよね?

梶川:明日も地元のKNB(北日本放送)で出ます。

三木:ホームページを見て応募されて来る方は、皆さん製造業の方ですか?

梶川:そうですね。製造業の方ですね。

三木:やっぱり新しいことをやってるからですかね……

梶川:このせっかくできたミュージアムなんですけど、ここの人材募集はしてないんですよ。

三木:キュレーターとか?

梶川:ええ。常時いるっていう人はまだ募集してないので、その辺も募集をかけてみたらいるかなっていう。ちょっとその辺を段階踏んでやってみたいと思います。

宇都宮:まだ始まって3ヵ月ですから(笑)。

梶川:そうそう。3ヵ月なんですよ。

三木:1年ぐらい経った気がするんですけど。

宇都宮:人材戦略なんてそんなにすぐ来ないですから。仕込んで1年、2年とか。毎年ちゃんと学校巡りしてようやく来るとかそんな世界ですもんね。

梶川:そうですよね。

三木:東さんどうですか?ホームページからポツポツ…

東:すごいですね(笑)。うちは載せてますけどまだ…

宇都宮:ホームページまだオープンしてすぐなので。まだ2ヵ月ぐらい。

梶川:3ヵ月ぐらい経つとキーワードで引っかかりやすくなりますけどね。

東:そうなんですか?

梶川:そうそう。ちょっと寝かせないとダメなんですよね。

三木:求人のページも専用に作ってあるんですか?

梶川:ちょっと目立たないんですけど求人のページはあります。

三木:そこに載せる内容で気をつけてることはありますか?

梶川:実際に今働いてる社員のコメントを載せてます。働いてる人の顔とか。

宇都宮:一緒に働く人ですもんね。

梶川:そうそう。中身見えないとなかなか来る人も……

三木:それ載せましょうよ。

 

 

 

東さん
https://www.facebook.com/yuzo.higashi.7

株式会社ヒガシ電子工業
https://www.hdensi.com/

梶川さん
https://www.facebook.com/takako.kajikawa​

株式会社フジタ
https://www.fujita-k.co.jp/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ